賢い主婦の利殖馬券
競馬で生活費くらい稼いで見せるさ!わたくし流言いたい放題♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今村昌平さん
うーむ

私は今村正監督の「キクとイサム」が
よかった。

戦争の落とし子、しかも黒人の混血の姉弟の映画

ビデオとその後の二人を追った本まで買った。

これは

私の「宝物」です

今村昌平監督の作品は・・

姥捨て山?の話だったか?

私が子供のときに見た映画とあまりにもイメージが違うので

見てません。

いや、見た!

忘れた・・


スポンサーサイト
君が代
どう?どう?

君が代で戦争が連想できる?

靖国神社だ君が代だと

戦争を連想させるのは

戦争を連想する人達の妄想だ。。

妄想・・恐ろしい

戦争は連想出来ても

「戦争がしたくなる」という発想・・・妄想!


小学校の卒業式で

君が代反対の先生たちが、下を向いてすわったまま・・

子供はどう思う?

先生に共感するかな?

最後の卒業式で、担任の先生が

ただの「おっさん、おばさん」に成り下がるんだよね

君が代歌っても子供は戦争に行かないよ

子供がね

「馬鹿、みっともない」だって!

先生・・

「15の春を泣かせるな」

これって教育荒廃の糸口になりました。。

「教え子を再び戦場に送るな」

スローガンが戦争を招いています

早く戦争にならないかな?の期待すら感じさせます

子供が守れますか?

わが教え子を盾にするんじゃなかろうか?

そんなだいそれたスローガンはもう無理だから!

教師よ聖職であれ!清貧であれ!

うーむ・・これならもっと無理!

私が高校生のときにね

学校に行ったら先生たちが校門に並んでストライキしてるのよ

鉢巻巻いて。。

自分たちの待遇と生活向上を求めて!!

目が合った先生が恥ずかしそうに笑ってた

でもなぜか胸を張ってた

がっかりした。。

とても馬鹿に見えた。。

現実的かつ器にあったスローガンでこんなんどう?

「先生を誘惑するな♪」

「下着は売るな♪」

「避妊は必ず♪」

おおまかに見て残念ながら教師はこの程度にしか写らない。



若いままの小学校の先生

太っちょの男の先生

とてもなつかしい

やさしい、やさしい♪


父と子と精霊と・・
父と子と精霊とみなによりて・・アーメン

メデタシセイチョウミチミテルマリア

シュオンミトトモニマシマス

オンミハオンナノウチニテシュクセラレ

ゴタイナイノオンコイエスモシュクセラレタモウ

テンシュノオンハハセイマリア

ツミビトナルワレラノタメニ

イマモリンジュウノトキモマモリタマエ

アーメン

毎日、毎日幼稚園でお祈りしたものだ(少々間違ってるかも・・)

今頃になって漢字で起こしてみると

あらら・・そういうことだったのねぇって。

毎晩寝るときにもお祈りをして

そうすればいつかきっと

空を飛べるようになる!

と思っていたのだから・・

羽がないのにねぇ・・

私が出た幼稚園は「天使幼稚園」

やさしいアメリカ人の神父様と

シスターが毎日「イエス様のお話」

家に帰ると

「うちは無信心だ」などという家庭で

神棚と仏壇が一緒。

キリストのキの字も出てきやしない・・



「俺の幼稚園もキリスト教だったよ」

「へ??」

おとうさんが出た幼稚園は

「こひつじ幼稚園」だって♪

園児服着てたのね♪







十九の春
これは沖縄の民謡かな?

昔、どこかで一度聞いたことがあって

とても心を揺さぶられた歌

今でも沖縄でいろいろ内容を変えて歌われるらしい

最近衛星放送で「十九の春」の特集があって、

なかでも、

基地の米軍を相手に春をひさぐ女性の「十九の春」に

心を打たれた

何十年も前に録画されているものだが

自分の身を恨む事もなく

とつとつと歌ってはいても

はかなく憐れでとても悲しい

当時、女が手っ取り早くお金を得るには

売春しかなかったのだろうね

17・8才の女の子が売春で家族をささえていたんだ

親も承知で送りだしてるんだよね

十九の春
沖縄俗謡
補作詞:本竹裕助1(女)
 私があなたにほれたのは
 ちょうど十九の春でした
 いまさら離縁と云うならば
 もとの十九にしておくれ

2(男)
 もとの十九にするならば
 庭の枯木を見てごらん
 枯木に花が咲いたなら
 十九にするのもやすけれど

3(女)
 みすて心があるならば
 早くお知らせ下さいね
 年も若くあるうちに
 思い残すな明日の花
4(男)
 一銭二銭の葉書さえ
 千里万里と旅をする
 同じ那覇市に住みながら
 逢えぬ我が身のせつなさよ

5(女)
 主(ぬし)さん主さんと呼んだとて
 主さんにゃ立派な方がある
 いくら主さんと呼んだとて
 一生添えない片想い

6(男女)
 奥山住まいのウグイスは
 梅の小枝で昼寝して
 春が来るような夢をみて
 ホケキョホケキョと鳴いていた



あの女性の歌っていた歌はもっと寂しい詩だった


思い出した!

援助交際の小娘ども!

素人娘が生意気らしい

金なんか取るな!

しっかし・・

お客様がいるからねぇ。。

ふん!

安くすまそうと思う根性が気に入らないね

私が男だったら

100万くらい使って

「とろけるような時間」をすごすね♪

や~だよ、家の洗濯機で洗った下着付けてるようなのは・・

人生いろいろ

売春もいろいろ









地味ながら派手に
ただ今作業中




地味好み
年々地味になる・・

洋服の形もバルーン

もちろんくびれた洋服などひとつもない

ズボンもゴム

そういえば・・最近パンツなどと!

パンツはパンツだ・・パンツは下着♪

パンツはおとうさん。

私のはパンティ・・きゃっ

な~んて可愛い代物ではない

うーむ・・

書いてる自分が気の毒だ。

うーむ・・

おばさんが書くと気持ち悪い!
洋画好き
本は 読まれるために書く

窓は 開けるためにある

これって、つまらないオカルト映画のせりふだけど

いいよねぇ・・
つまらない
大江健三郎 卑屈

阿部公房 砂の女 いらいらするほどつまらない

大江さんの小説の題名が思い出せない

三島由紀夫を批判してたけど

その三島は大江を認めている

大江は川端も嫌い

川端康成や三島由紀夫の小説は印象に残るけど

大江の小説は、時代に恵まれたって印象しかない

やはり阿部公房を持ち上げているところをみると

感覚が同じなのかな?

大江さん、日本の文化勲章を辞退するなら

ノーベル賞も辞退して欲しいね!

今更ですが・・


封印
FF12

いい加減に飽きた

レベル71 最終を待たずに

もうや~めた!


消費税導入の頃
まったくずーずーしー

角地を利用して

じいさん、ばあさんがはじめた「クリーニング取次店」

息子はサラリーマン、妻は子供会の役員

クリーニングも棚にせいぜいぱらぱら

あの頃は、猫も杓子も消費税取る気になってね

当時は売り上げ年間3000万以上じゃなかった?

そんなにあるわけないじゃん

月に10万ってところかな?
(クリーニング代も含む)

そうだ、切手も売ってたな・・

クリーニングを出して、料金を支払って

ばあさんが、物足りない顔してるのよね?

私「消費税?」

ばばあ「今日はいいけどね・・最近誰もはらってくれないんだよねぇ・・」

当たり前だろ、このタコ!

正規の料金を払って、消費税はあんたの小遣いかい?

まったくずーずーしー

思い出すだけで腹が立つ。。



暗すぎて
ランキング抜けました
おっとっとブログか・・
ブログで友達を見つけようとは思わないし

話をするならこんな機械ごしでなくても

となりのおばちゃんにちょいと声をかければいいことで

「こんにちわ♪」だっていいじゃない?

挨拶をするときは、何気に笑顔だしね・・

自分の存在ってパソコンの中なんて

そんなの嫌さねぇ・・?

つうわけで、まったり行きますです♪

今週から賢い主婦のよれよれ馬券でもスタートするべ!


ほんと小さい山登り
いやがるおとうさんを置いて

自然すぎる自然歩道の山歩きをしてきました

道はどこ?

急傾斜の山道をリュックしょって、

目の前の山頂の遠いこと!

写真を撮ってみたが・・

あ~面倒くせえ!つんだ!

1時間40分コースでしょ?

3時に出て、へたへたと道に座り込んで

おとうさんをまっていたのが・・

が~ん、8時!

5時間もほとんど休憩もしないで

おかげさまで朝から動けない・・

しっかし、山から見る関門海峡は素晴らしかった♪

さて!

明日は、別のコースに挑戦しますです。。



スポーツ報知やめた
この間 日刊スポーツやめて

今度は報知をやめる!

日刊をやめたのは

「ホリエモンが歌手に」なんて記事を

トップに持ってきていたから

その後、ホリエモンは逮捕・・

ところが昨日の報知はなんだ

「ホリエモンの髪型がかわったら?」

なんて記事で一面を飾るとはなにごと!

マスコミってどうしてこんなに「馬鹿」なんだろ?

あ~~やめだ!

ホリエモンがきらいとかなんとかそんなことは2の次、3の次

粉飾といえば「詐欺行為」だよ

冷や飯食わさなければ、道徳もへちまもなくなっちゃうでしょ?

世の中は、影響される単細胞が多いのだからね


いいね♪

ブログはこれくらい言いたい放題書きたいものだ!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。